FC2ブログ

にこにこ親子教室

【休室中】7月7日更新分  

九州を中心に降り続く雨に、多くの被害が出ており、心痛みます。皆様の親戚やお知り合いの方はご無事でしょうか? 続く雨が一刻も早く落ち着くよう、祈りたいと思います。

<チャペルタイム>
先週に続き、お祈りについてです。
今週は、「神様への感謝」について。

ある時、イエス様が弟子たちと歩いていると、全身を布野で覆った10人の人たちと出会いました。その人たちは、重い皮膚病にかかっており、イエス様に治していただこうとやってきたのでした。
そんな彼らに、イエス様は「祭司のところにいって、自分の体をみてもらいなさい」とおっしゃいました。その場ですぐに治して頂いたわけではありませんでしたが、彼らはイエス様の力を信じていたので、言われた通りに祭司のところへ向かいました。
すると、いく道の途中で、10人ともすっかり病気が治ったのです。当時、社会に戻るためには、祭司に病気が治ったことを認めてもらう必要がありました。それで、9人は喜んでそのまま祭司のところへ向かっていきました。ところが1人だけ、きた道を戻っていったのです。そして、イエス様のところへ行き、イエス様にひれ伏してお礼を言いました。

私たちは熱心に願い祈った祈りがきかれると、喜びに満たされ、感謝をすべき方に感謝を忘れてしまうことがあるかもしれません。喜びや安堵が感謝を上回り、祈りがきかれた途端に祈ることをやめてしまうこともあるかもしれません。
日々与えられているもの、当たり前のような生活が、今回のコロナウイルス感染拡大の危機や、大雨による震災によって、普段の生活が送れない状況になってみて、何気ない今までの日常が、いかに幸せなことであったかに気づくものです。
今日もいのちが与えられ、1日守られたことに感謝するものでありたいと思います。

「わがたましいよ。主(神様)が良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」詩編103:2-聖書-


<工作>
今回は、紙皿で動物の冠を作ります。

材料は、大きめの紙皿(もしくは、厚紙を丸く切ったもの)、ハサミ、クレヨン

紙皿を半分に折って、写真のように黒線を書き、線に沿って切る。
広げて耳を立ててできあがり!
クレヨンで色づけして、かぶってみてね!
色々な動物の耳にも挑戦してみてね。

20200710013010c11.jpg
スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 0

【休室中】6月30日更新分  

更新が遅くなり、7月に入ってしまいました。緊急事態宣言が解除されて、1か月、少しずつ日常が戻りつつある中で、再び感染者が増えて来ており、気を緩めることができませんが、それぞれのところにあって、守られますように⭐

<チャペルタイム>
~熱心に祈ったハンナ~
前回、お祈りには、5つの種類があるお話をしました。今回は「願う」祈りについてのお話です。

昔、仲の良い夫婦がいました。しかし2人には、子どもがなかなか与えられませんでした。そのことで、妻のハンナはとても辛く悲しい思いをしていました。
ある時、ハンナは教会で祈っていました。心の底から、自分の思いのすべてを注ぎだして、祈りました。それを近くでみていた祭司エリは、「安心しなさい。神様がきっと祈りに応えてくださるよ」と言いました。ハンナも、すべてを注ぎだして祈ったので、心は平安になりました。
その1年後、男の赤ちゃんが生まれました。名前はサムエル、のちに祭司エリのもとで神様に仕え、やがて預言者となるのです。

神様は、いつでも私たちの祈りを聴いていてくださり、それが神様のお心にかなうなら、その願いをきいてくださいます。
ハンナが心を注ぎだして祈り、平安を得たように、私たちもどんな祈りでも心を注ぎだして、神様に聴いて頂きましょう。


<工作>
教室では、毎年手形をとったり、絵の具で染め物をして、うちわにしたりしていますが、なかなか材料を揃えるのも大変だと思うので、身近にあるもので、簡単にできる扇子を紹介します。
①材料
画用紙2枚 (もしくはそれに代わる紙)
輪ゴム
ペンまたは色鉛筆 (クレヨンでもいいですが、色写りするので、クーピーとかがおすすめ)
ボンド、または両面テープ
アイスの棒または木製のマドラー2本

②紙に好きなように描きます。色々な色を使ってね。
幅の短い部分からじゃばら折りに。2枚とも、同じ幅になるように折ってね。

③じゃばらを半分に折って、折ったところで、2つを輪ゴムでとめます。
扇子になるように、2つのじゃばらをそれぞれ3箇所、のりでつなぎ合わせます。
④残りの両端に棒を付けて完成!閉じたり開いたり、パタパタしてみてね。


20200702022632391.jpg

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

【休室中】6月24日更新  

梅雨の真っ只中、気温差も大きい日々ですが、おかわりありませんか?梅雨が明ければ、夏本番…暑さも厳しくなりますね…。涼しい日は、ホッと心も身体もリラックスさせ、厳しい暑さに向けて、体を整えていきたいものです。

さて、今週のチャペルタイムからは、また3回にわたって「お祈り」についてお話していきたいと思います。いつも親子教室の中でもしているお祈りのことを、知っていただけたらと思います。

<チャペルタイム>
人は誰でも祈る心が与えられていますね。クリスチャンでなくても、神社にお参りし、「~祈願」したりします。
ここでは、聖書に基づいた「お祈り」についてお話していきますね。

お祈りは、「神様とお話すること」です。
聖書には、様々な立場の人の祈りが記されています。イエス様も神様にお祈りをしていました。
そんな姿をみて、弟子たちはイエス様に祈ることを教えてくださいと言い、イエス様が教えられたのが、「主の祈り」です。キリスト教系の学校に行かれていた方は、聞いたことや祈ったことがあるかもしれませんね。
そこには、神様への賛美、試みや悪からの助けといった願い、悔い改めなどの祈りがあります。

そしてお祈りの内容には、5つの種類があると言われています。
①神様への賛美・・・神様の素晴らしさを祈る
②感謝・・・食事など与えられている物、守られていること、嬉しかったことなど
③悔い改め・・・悪いことをしてしまった時に、ごめんなさいと祈る
④願い・・・病気やけが治るようになど、願うこと
⑤とりなし・・・自分以外の人のために祈る

お祈りの最後に「アーメン」というのは、「今、祈ったことは本当です」という意味で、世界共通語です!
お祈りはいつでも、誰でもできます。教会では、天地を造られ、そして私たちを造り、いのちを与えてくださった天の父なる神様に祈ります。
私たちのことをすべて知っていてくださる神様だからこそ、安心して何でも祈ることができますね。神様はいつでも、どんな祈りでも聞いていてくださいますよ⭐
次回は聖書に出てくる、悩みを抱えた女性の祈りについて、お話します。


<今週の工作>
~ビー玉アート~
材料…ビー玉、絵の具、カップ、箱または厚紙
①カップに絵の具とビー玉を入れて、ビー玉の表面に絵の具をつける
②空箱または、厚紙の端を織り上げて、ビー玉が転がり落ちないようにしたものに、ビー玉をのせて転がす
③いろいろな色で順番に転がして、ビー玉アートのできあがり
※ビー玉の誤飲には、くれぐれも気をつけてくださいね。


20200625105809fe9.jpg

category: 未分類

tb: 0   cm: 0

【休室中】6月17日更新  

梅雨に入り、蒸し暑くなりましたね。
気温も上がり、おうち時間が長かったこともあり、体は思っている以上に疲れているかもしれません。水分に加え、塩分補給も忘れず、熱中症に気をつけてお過ごしください。

<チャペルタイム>
「ノアの箱舟」のお話の3回目。
40日降り続けた雨は、地上のすべての生き物、山々もすべてのみ込み、ノアの箱舟に乗っていたノアとその家族、そして動物、鳥などの生き物たちだけが生き残りました。
それから150日たって、ようやく水は引き始めました。それから長いつきひがたち、舟は山地に留まり、少しずつ山々の頂が現れました。
ノアは窓を開き、鳩を放ちました。けれど鳩は足を休める場所を見つけられなかったので、箱舟に戻ってきました。それから7日たって、再び鳩を放ちました。すると夕方になって、鳩は口ばしにオリーブの若葉をくわえて戻ってきました。それでノアは水が地の上から引いたことを知りました。
それからさらに7日たって鳩を放つと、もう鳩は戻ってはきませんでした。
それからしばらくたって、水はすっかり引き、神様はノアたちに外に出るよう告げました。
ノアたちは、外に出ると神様を礼拝しました。
神様はノアたちに、再びこのような大洪水によって地を滅ぼすことはしないと約束し、そのしるしとして、虹をお示しになりました。
神様は、神様に忠実であったノアたち家族を守ってくださいました。
どんな状況にあっても、神様を信じて歩む時、神様は私たちを守ってくださいます。

<工作>
今度の日曜日は父の日なので、その工作をとも思いましたが、参加してくださっている方には別途、父の日工作をお送りする予定なので、こちらでは、3週にわたってお話してきた「ノアの箱舟」の最後に出てきた、鳩を作りたいと思います。
用意するものは、紙皿とハサミ、のり。
ちょっとみにくいかもしれませんが、写真にある通り、紙皿の裏面に鳩と羽2つを下書きして、カットします。紙皿の形をうまく利用すれば、わりと簡単に描けますよ。
あとは、カットした羽を鳩の体の裏表に貼るだけ。
ぜひ、ノアのお話をしながら(絵本もいろいろな出版社から出ています)、つくってみてください。

20200618005203805.jpg

category: 未分類

tb: 0   cm: 1

【休室中】6月9日更新分  

すっかり暑くなりましたね。今日は子どもの幼稚園帰りに、4台もの救急車とすれ違い、その後も何度も救急車のサイレンを耳にしました。真夏日ということで、体調を崩された方が多いのかなと思います。おうち時間が長かった分、体力が落ちていたり、外での活動に体が慣れない中でのこの暑さ… 室内での熱中症も多いようですので、皆様、くれぐれも無理せず、水分補給しながら気をつけてお過ごしください。

<チャペルタイム>
先週はノアさんが、神様に命じられた通り、大きな箱舟を完成させたところまでお話しました。
そして、神さまは、その箱舟にノアの家族(息子とそのお嫁さんも)、それにあらゆる生き物をその種類に従って、オスとメスそれぞれ1匹、1頭、1羽…ずつ乗せるよう命じました。
そうしてあらゆる生き物とノアの家族がその箱舟に乗り込み、扉が閉められました。
すると雨が降りだし、なんとその雨は何日も何日も降り続け、次第に地面は見えなくなり、人もあらゆる生き物も水にのみ込まれ、草も木も山も地にあるすべてのものが水に覆われてしまいました。その雨はなんと、40日間昼も夜もやむことなく降り続け、ようやく雨はやみました。
神様が命じられた通り、箱舟乗っていたノアとその家族、生き物だけが生き残ることができました。水は150日減ることなく増し続けました。
一体このあと、ノアたち箱舟はどうなってしまうのでしょう。続きは、また次回。

<おやつ作り>
今回はとっても簡単に出来るクロワッサンの作り方を紹介します。
なんといってもクロワッサンの生地作りは、なかなか時間がかかりますね。そこで今回は、「冷凍パイ生地」を使って簡単に作ってみました。
材料は、
冷凍パイ生地
溶き卵(照りつけ用)
グラニュー糖(生地の上にまぶす)
この3つです。
量はお好みで。

・オーブンを200度に予熱。
・パイ生地を下の写真のように6等分にカットします。今回はミニサイズですが、お好みで大きさは調整してください。(伸ばして二等辺三角形になるように、必ず縦長の三角形になるようにカットしてください。)
・カットした生地を二等辺三角形になるようにのばします。
・底辺から頂点に向かってクルクルっと巻いていきます。巻き終わりを上にして、両端を内側に曲げて形を整えます。
・溶き卵を表面に塗り、グラニュー糖をふりかけます。(グラニュー糖はなくてもOK。振りかけると味にアクセントがつくのでオススメです)
・予熱しておいた200度のオーブンで15分くらい(様子みて前後調節してください)焼いたらできあがり!

お店のよりは少し、しっとり目なので、小さなお子さまも、食べやすいと思います。
作業も短く簡単なので、ぜひお子さまと一緒に作ってみてくださいね⭐
20200611035640111.jpg

category: 未分類

tb: 0   cm: 0