FC2ブログ

にこにこ親子教室

おすすめ本『聖書に学ぶ子育てコーチング』  

先週は実家に帰省していました。
すっかり調子が狂ってしまって、ややお疲れモードです
みなさんは大丈夫でしょうか?

今週のおススメ本は、
親として避けて通れないしつけに関わる大切なことが書かれています。
また親だけでなく、子どもに関わる仕事や働きをしている方々にも読んでいただけるといいと思います。(著者がそう書いてました。)
P8050432_convert_20140805205354.jpg
『クラウド&タウゼント博士の
 聖書に学ぶ子育てコーチング 境界線~自分と他人を大切にできる子に』
ヘンリー・クラウド、ジョン・タウゼント(共著) 中村佐知(訳) あめんどう 2011年

この本は『境界線~バウンダリーズ』の著者であるクラウド博士とタウゼント博士によって、特に、子育ての中でどのように境界線を育てていくのかが具体的に書かれています。

そもそも、境界線とはなんぞや?という方もおられるかもしれません。
博士たちの言葉をお借りすると、
「私」という人間を定義するもので、どこまでが自分に属する領域で、
どこからが他者に属する領域であるか、区別するものです。

ま~、これだけだと正直小難しい感じがしますが
というか、読んでも難しいところもありますが
具体的にどんな場面(お小遣いの使い過ぎ・かんしゃくを起こす・時間を守る等々)で、
どんな言葉をかけるのか、が良い例と悪い例で示されていて、
そうやって言ってみよう!!という気持ちになります。
軽い気持ちではなかなか読めないですが、読み応えがあります。

あんまり上手に紹介できていなくて申し訳ありません
でも、本当に良い本です!!
(SETO)
スポンサーサイト



category: おすすめ本

tb: 0   cm: 0

今週のオススメ図書  

世間はお盆の時期を迎えていますね。皆様、如何お過ごしでしょうか?
我が家は主人の夏休みがないので、変わらず過ごしていますが、ベランダでプールをしたり、スイカを食べたり、水族館に行ったりして、夏だからこそできることをしたいなと思いながら、過ごしています。
それにしても、にこにこ親子教室がないと、1週間が長く感じます。まだまだ暑さが続きそうなので、皆様、熱中症にお気をつけくださいね。
さて、今週オススメの1冊は、
『ママの心がふわりと軽くなる子育てサプリ』 主婦の友社
佐々木正美(児童精神科医)×松本ぷりっつ(漫画家)

推薦図書8.12

長年、自閉症児とその家族の支援をされ、『子どもへのまなざし』の著者である、佐々木氏と、マンガ「うちの三姉妹」でおなじみの松本氏による本です。
この本のタイトルに最初は半信半疑で読み始めましたが、タイトル通り心が軽くなる1冊です。
落ち込むとき、イライラするとき、しつけに悩むとき、こどもの個性に不安を感じるときなど、38の項目ごとに4コママンガなどを交えながら、端的に書かれているので、なかなかじっくり本を読むのが難しいという方には特にオススメです。1項目5分以内で読めてしまうので、気になる項目のところだけ読むのもよし!1日1項目ずつ読むのもよし!です。
前向きな気持ちになれる1冊、オススメです☆

kondo

category: おすすめ本

tb: 0   cm: 0

おすすめ本『やさしい心で子育てできる31のヒント』  

にこにこ親子教室は夏休みになりましたが、
うちの息子はすっかり火曜日の朝に教会へ行く習慣ができていたらしく、
いつものテレビ番組が終わると、
「きょうかい、いく!」と訴えてきました。
ごめんね~、今月はお休みなの~
楽しみにしててくれて、うれしいぜ~

さてさて、私が出産したときに頂いた本ですが、もう何度も読み返していて、おススメです
『やさいい心で育てる31のヒント』 本間江偉子著 いのちのことば社フォレストブックス 2007年


子どもは本当に素晴らしい。
また、その子どもたちを育てることがどれほど素晴らしいことか、と改めて思わされます。
本当に「やさしい心」になれる本です。

肩ひじ張らずに、その子らしさを伸ばしていけるような子育てをしていきたいと思いました。

(SETO)

category: おすすめ本

tb: 0   cm: 0